フリマアプリ&サイトShoppies[ショッピーズ]

フリマアプリ&サイト Shoppies[ショッピーズ]

ホーム コーデ Q&A Shopic
娘が五ヶ月になったので
離乳食をあげたいと思うのですが
どのようにあげたらいいですか?

あき0322
180日前 7

コメント

なな..
98日前

0
私はお米をあげました(^。^)
はじめは一口二口で終わるので、
残ってるご飯をお鍋に入れてお水をいれて
やわらかーくなるまで煮込んで粒感をなくします。で、最後にザルでこして完成(^。^)

K♡K♡Ⓜama♡
99日前

2
離乳食初期 – 初めてのおかゆ:10倍粥のレシピ

1. 米と水を1:10で用意します。すでに炊いたお米を使う場合は、ごはんと水の割合を1:5にしましょう。

2. 最初は強火にかけ、煮たってきたら弱火へ。吹きこぼれや焦げつきに気をつけてくださいね。

3. ときどきかき混ぜて様子をみながら弱火でコトコト20?30分煮込み、火を止めて少し蒸らします。

4. 鍋からおろし、人肌温度くらいに冷ましたら、すり鉢でトロトロになるまですりつぶすか、裏ごしして完成です。

初日に与える量は小さじ1杯、その翌日も小さじ1杯、3日目以降から様子を見て2杯、3杯と増やしていきましょう。

10倍粥を1週間続けたら、次は野菜へ。裏ごししたほうれん草、にんじん、かぼちゃといった食材を1種類ずつおかゆに混ぜて、3日間ずつくらいを目安に試していきます。その後、豆腐などのたんぱく質を試していきます。少量ずつゆっくり進めましょう。

初めての食材を与えるときは、万が一、アレルギー反応が出たときに病院を受診できるように、平日の午前中を選んでくださいね。

misaki*❥❥
157日前

1
私も最近子どもが5ヵ月になって離乳食を始めたのですが最初はトロトロのおかゆを1日1回あげていて上手く食べれるようになってきたらトロトロじゃなくて少しずつかたさを足していってます!おかゆに慣れてきたら野菜とかも少しずつ足していったらいいと思います!
初めてのことは分からないことも沢山あるし不安に思うこともあるとおもいますけど
子どももそれぞれ個人差があると思うので
お子さんにあった量やペースであげたら
いいと思います(⑉• •⑉)❤︎

a.mama
173日前

1
初めての離乳食はまずはおかゆ小さじ1から
初めて次の日は小さじ2、次の日は小さじ3
という風に増やしていって1週間くらいは
おかゆを裏ごししたものを食べさせてみて
次の週には野菜を小さじ1から初めて
おかゆと同じ要領で増やして言って
アレルギーとかもあるので様子を見ながら出来るだけ午前中に
あげたらいいと思います*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)'・*:.。. .。.:*・゜゜・*

BDG427
175日前

1
はじめは違和感を感じて吐き出すかもしれませんが、まずはミルク以外のものの感触を慣れさせることが大事かなと思います。
慣れてきたら、少しずつ食べる量を増やしたりして、工夫をすればよろしいかと。
何がなんでも食べさせなければ!という気負いをせず、頑張ってくださいね!

え り ち あ
180日前

2
補足なんですが、食べづらそうだなと思ってとろみをつけたい時は、この粒状片栗粉が便利ですよ!

食品アレルギーがでないように、まずはお野菜とかからが安心だと思います!
あと、初めての食材をあげる時は、念のため、小児科が開いている平日の朝に、一回食から初めてみてください!

離乳食の本は、主婦の友社の「はじめてママ&パパの離乳食」がわかりやすかったです!
買わなくても、図書館とかで借りればじゅうぶんなので、もしありそうだったら借りてみてください!

え り ち あ
180日前

2
初めての離乳食って悩みますよね。
保健所?とかでも言われるかもしれないですが、お米からスタートして、2日ずつくらいで新しい食材をどんどんスタートするといいと思います!
お米も、まずは10倍粥からですが、完全にすりつぶすのが面倒くさかったら、うちは米粉で代用してました。(あまりにも手抜きすぎるので不安だったらマネしないでくださいね)

スプーンはピジョンの「はじめてのフィーディングスプーン」がオススメでした!
これのピンクの方だけでもいいので、もし単体で売ってたらそれがオススメです。(300円以内のはずです)

お米に慣れたら、にんじん、ほうれん草、さつまいも、じゃがいも…という感じで、すりつぶしたのをあげていったらいいです!
ブレンダーとかミキサーがあればてっとり早いですが、なかったらすり鉢で根気よくすってあげてください!

ちなみに5ヵ月になってすぐに始めなくても、本人が大人が食べてるのに興味をもって欲しそうにしてからで大丈夫ですよ!

離乳食、面倒くさいことが多いですが、手を抜けるところは手を抜いて、楽しんでくださいね!